春の日長

春の日長に吉報の届かず
黒きは黒く白きは白くと
仕方の無きの当たり前は
天地の理の事為り。
スポンサーサイト

番兵様

雲を突き抜け聳え建つ
楼門の前にて睥睨する
番兵様の恐ろしき。


聳える(そびえる)
睥睨(へいげい)

地平

人の幸不運も星の下に
逆らい難く流れ流され
濁流の木の葉の如くも
その事を知り見たるは
魂魄の生成流転光明の
地平の開くは近し。

謂れ

信じられぬ思いあれど
斯く言うや魂魄の謂れ
その事々は真実なり。

越える

過ぎたるも足らざるも
言葉の未熟ゆえなれど
その事を学び越えるも
徳の有らばこそ。

 | ホーム |  次のページ»»